あたらしい広島県にふさわしいリーダーと政策をうみだしましょう!チェンジひろしま!


by change-hiroshima
みんなで作ろう、あたらしい広島県 いまこそチェンジひろしま!

 はじめに

広島県の藤田雄山知事は2009年6月24日、県議会で質問に答弁する形「魅力ある『元気な広島県』づくりの道筋をつけることができた。新しいリーダーには新たな発想と指導力で次の県政を担ってほしい」と引退を表明しました。

県政無惨 広島県知事引退で残された苦すぎる教訓-JanJanニュース
http://www.news.janjan.jp/government/0906/0906245734/1.php


 10月22日告示、11月8日投票の広島県知事選挙を前に、国会議員や県議、官僚らの名前が取りざたされています。しかし、今までの広島県知事の選ばれ方が、「えらい人」たちの間で話がついて行われたものが多いことが、藤田知事が最後は苦しんだ「対策費」問題の背景にあるのではないでしょうか。そして、知事がおっしゃるような「元気な広島県」への道筋がついたのかどうかは怪しい状態です。

 今までのやり方では通用しない。だからこそ、知事もおっしゃるように、新しい人材が知事、そして議員に必要です。とりあえずは、11月には実施される広島県知事選へ向け、今までの県政の反省点を踏まえ、

1、みんなで新しい広島県をつくる
2、みんなで新しい政策を考える
3、みんなで新しいリーダーを考える

ことを目的に、「みんなであたらしい広島県をつくる会」を立ち上げました。ぜひご参加ください。

「今」変らなければ、変るのは4年後どころか、8年後、12年後になりかねません。どうか、ご一緒に力を合わせて「チェンジひろしま」といきましょう!

新しい政策をみんなで考えましょう。

そして、

1、現知事が、自民党、男性、大富豪出身ということ。
2、全国各地で女性や若者市長が誕生していること。

を考慮しますに、女性や若手、庶民派の人を新しいリーダー(知事、副知事、県議)に送り込んでいくことも大事ではないでしょうか?

 いままで省みられてこなかった人たちのニーズを県政に反映させることも「みんなでつくる」ということになります。

 さらに、選挙後も、きちんと県政に対して県民の立場から政策提言やチェックを行なっていくシンクタンクの役目も果たしたいと考えています。

よろしくおねがいします。

みんなであたらしい広島県をつくる会

ミクシィコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4379021
ブログ
http://chiroshima.exblog.jp/

[PR]
# by change-hiroshima | 2009-08-16 22:35 | この会について