あたらしい広島県にふさわしいリーダーと政策をうみだしましょう!チェンジひろしま!


by change-hiroshima

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

民主党県連独自候補擁立を歓迎します【広島県知事選】

10月22日告示・11月8日投票の広島県知事選挙で、民主党県連は、13日、独自候補を擁立することを決定しました。

自薦・他薦で候補をつのり、佐藤代表、県議・市議・連合からなる委員会で人選を行うということです。

県議会では、2003年度以降、民主県政会と自民党刷新会議が連携してきた経緯から、相乗りを模索する声もありました。

 しかし、最終的に、民主党として責任を取る形になったことを歓迎します。政権交代で自民党地方議員→自民国会議員→霞ヶ関という、陳情構造も崩壊しました。従来の発想にとらわれず、相乗りを避けた県連の決断を心から歓迎します。

 みんなであたらしい広島県をつくる会としては、より良い候補を知事に送り、えらい人だけではなく、みんなでつくるあたらしい広島県にするため、女性ないし若手を軸に候補の推挙とローカルマニフェストの策定を急ぎます。

 また、知事選挙後も、県政についての勉強会の開催、調査研究活動・情報発信などを通じ、新知事と県民がともにつくる広島県を目指します。

 さらには、2011年4月の県議選であたらしいリーダーを送ることをにらみ、粘り強く活動を継続していきます。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909140029.html


民主、知事選に候補擁立へ '09/9/14

--------------------------------------------------------------------------------

 民主党広島県連は13日、広島市南区で幹事会を開き、任期満了に伴う広島県知事選(10月22日告示、11月8日投開票)に独自の推薦候補を擁立する方針を決めた。県連内にこの日、設けた知事選対策検討委員会で選考する。

 幹事会後、会見した佐藤公治県連代表(参院広島)は「県内で大勝した衆院選の結果を踏まえれば、独自の推薦候補を立てることが県民の期待」と強調し、早急に擁立作業に入る考えを示した。連立政権の樹立で合意した国民新党と連携し、社民党にも協議を申し入れる。

 幹事会では「自民党との相乗り候補は避ける」との方針を確認したという。検討委は佐藤県連代表、県議、市議、連合広島役員の計4人で構成する。

 民主党議員が所属する県議会の会派、民主県政会には、連携して議会運営の主導権を握る自民刷新会議との同一歩調を求める意見もある。佐藤氏は「地元の考えは踏まえるが、独自候補の擁立に最大限努力していくことが責任だ」と述べた。

 知事選にはこれまでに、広島県立大名誉教授で経営コンサルタントの若井具宜氏(61)=広島市東区=と、元通産官僚で経営コンサルタントの湯崎英彦氏(43)=広島市西区=の2人が、ともに無所属での立候補を表明している。



みんなであたらしい広島県をつくる会 9月13日(日)報告

9月22日「マニフェスト案」発表!

今後の予定ですが、9月22日(日)に、「非核と反貧困のロスジェネツアー」広島会場で、マニフェストの原案について、当会マニフェスト担当者から発表を行なう予定です。

http://civilesocietyforum.com/?eid=1971

★広島会場  9/22(火・祝)19:00~21:00  
会 場 BAR Swallowtail本通店
     広島市中区本通4-1  電話082-577-3270      
      http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34007068/
2ドリンク制(1000円で2杯+参加費500円)  定員25人
テーマ 「平和と反貧困―ロスジェネが考える新しい広島」
・ゲスト さとうしゅういちさん(広島瀬戸内新聞)
・地元のロスジェネ・アクティビストの出演募集

※増山麗奈さんに反核・反貧困のパフォーマンスを紹介いただき、さとうしゅういちさんら広島のアクティヴィストとの交流し、若者が生き生きとするにはどういう地域づくりをしていくかを考えます。

増山さんのお話→さとう主幹と増山さんの対談→マニフェスト発表という流れにしたいと思います。
[PR]
by change-hiroshima | 2009-09-14 15:07 | 県知事選挙
「みんなであたらしい広島県をつくる会」の第3回会合が9月13日(日)広島市内でありました。

http://chiroshima.exblog.jp

今後の方向としては、
1、2009年10月22日告示、11月8日投票の県知事選挙では、民主党を中心とする新与党勢力による知事候補擁立をめざす。
2、2011年4月の県議選であたらしいタイプの県議を送り出す。
ことを再確認。

その上で、メンバーが提案したマニフェスト原案について、検討を行ないました。

広島県もご多分に漏れず財政は厳しく、「金がかかる話」は、あまりできないという認識で参加者は一致しました。

その上で、情報公開、住民参加が大事ではないかということになりました。

情報公開については、県から大量のお金が流れているにもかかわらず、役員らが不透明な高い報酬を受け取っている公益法人(いわゆる外郭団体だけでなく医療法人、学校法人なども含む)があり、そういうところにきちんと説明責任を果たさせることが大事ではないか、という指摘がされました。

 たしかに、帳簿上は赤字にして、高額報酬を山分け、という福祉施設や医療法人もあります。ベンツSクラスに乗って、労働者を収奪しているような経営者については情報を公開し、追及していくべきではないか、ということです。 そして、介護や医療分野では県独自の最低賃金を導入することを検討します。これについては、連立与党の国民新党が介護労働者の賃金を一般公務員並にするという抜本的改革案を出しておりそれとの連動も期待したいものです。

 また、重要な施策については「誰がどういう考えで、政策を進めているのかが見えない」のが問題、という認識で一致。これがわたしの持論である「もやもやした広島県」の原因となっています。

 地方組織の移転・縮小・再編もそうです。どうして、この事務所がここに移転したのか?その意思決定が見えないのです。

鞆の浦(とものうら)の埋め立て架橋問題でも、誰がなぜ、このような事業を進めたいかがみえない。

 県議会の地方公聴会を開いても良いのですが、それでは、いろいろ面倒な手続きが必要なのです。

 そこで、知事や副知事、関係する市長や議員、市民らによる公開討論会を広島市だけでなく、福山市や三次市など、議会へ傍聴に行くにも遠すぎる地域で行なえば良いということで一致しました。

 このほか、農業政策は、広島県の業務の中でも重要です。広島県は福祉や環境、そのほかの業務で全国でも突出して権限を市町村に移譲しています。しかし、農業はかなり仕事が残っています。広島県は中山間地が多い。ただで農地を貸して良いという人が多くいます。そういう中で「農業のハローワーク」を民主党の戸別所得保障政策もにらみながら、県でできないかということで一致。さらに、地元大手スーパーに地元産農産物コーナーを設けてもらうなどが提案されました。

 交通政策では、山陽道の渋滞防止のためにも、JR山陽本線を、せめて国鉄分割民営化直後の10分間隔で運行し、快速を増やしてほしいというのが理想として打ち出されました。

ただ、実際には、すぐできることとしては、JR白市駅と、広島空港を結ぶバスを抜本的に増発し、広島市や福山市から空港へ行く人を電車に移行させ、もって、高速道路無料化に伴う渋滞を防止することではないか、ということで一致しました。

 さらに住宅政策では、余った住宅を県で借り上げ、困窮者に低家賃で貸し出すこと、余った公舎の活用などを提案していくことになりました。県営住宅も、農業と並び、県の裁量の余地が大きい仕事です。

 人事政策では、一部の課長ポストに「立候補制」を広島市に倣って導入することが提案されました。

今後の予定ですが、9月22日(日)に、「非核と反貧困のロスジェネツアー」広島会場で、マニフェストの原案について、当会マニフェスト担当者から発表を行なう予定です。

http://civilesocietyforum.com/?eid=1971

★広島会場  9/22(火・祝)19:00~21:00  
会 場 BAR Swallowtail本通店
     広島市中区本通4-1  電話082-577-3270      
      http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34007068/
2ドリンク制(1000円で2杯+参加費500円)  定員25人
テーマ 「平和と反貧困―ロスジェネが考える新しい広島」
・ゲスト さとうしゅういちさん(広島瀬戸内新聞)
・地元のロスジェネ・アクティビストの出演募集

※増山麗奈さんに反核・反貧困のパフォーマンスを紹介いただき、さとうしゅういちさんら広島のアクティヴィストとの交流し、若者が生き生きとするにはどういう地域づくりをしていくかを考えます。

増山さんのお話→さとう主幹と増山さんの対談→マニフェスト発表という流れにしたいと思います。
[PR]
by change-hiroshima | 2009-09-13 23:09 | イベント情報
広島県知事選挙を前に
いまこそチェンジひろしま!「もやもやした広島県」から「みんなでつくるあたらしい広島県」へ!

みんなであたらしい広島県をつくる会
http://chiroshima.exblog.jp


10月22日告示・11月8日投票で、広島県知事選挙が実施されます。

 広島県知事選挙は、今までは「エライ人」の間で知事が事実上決まり、「信任投票」のような形になってきました。この結果、あまり関心が盛り上がらないうちに知事が決まっていきました。こうして、県民から県政が遠くなっていった。そうしたなかさまざまな問題が噴出しています。

 広島県は情報公開度が全国40位と低く、中国5県でも最下位です。情報公開は、「たかが情報公開」ではなく地方自治の魂です。どれだけチームワークがうまく行っているかということです。広島県は、知事と議員、職員、県民の間がばらばらだということなのです。

 「元気な広島県」どころか「もやもやした広島県」というのが現状ではないでしょうか?

  こうした状況を打破し、県民と県政の距離を縮め、「みんなであたらしい広島県をつくる」というのが当会の趣旨です。

 そのために、10月22日告示・11月8日投票の県知事選挙で、新しい知事を送りましょう。2011年4月の統一地方選挙では、あたらしい県議を送り出しましょう。

 今までの地方自治は、2000年に地方分権一括法が施行されて以降も、陳情政治が続いてきました。自民党系の首長や議員が、自民党議員を通じて、中央省庁に陳情し、予算を取ってくるという体質は、「構造改革」が叫ばれた小泉政治の元でも続きました。否、小泉さんの時代のほうが、自由に使える財源の地方交付税がカットされ、その分、中央に頭を下げて、さまざまな優遇措置をお願いせざるを得なくなった面もあります。

 身近に言えば、お隣の山口県の岩国市では、国が市のほっぺたを札びらで叩くような手法で、艦載機の岩国基地への移転を受け入れさせようとしたのです。

 しかし、今回、政権交代が起こりました。単に自民党から民主党に政権が変わっただけではありません。それだけではなく、「陳情政治」そのものが無意味になるということです。「与党議員を通じて予算を分捕る」という仕組みが通用しなくなるのです。「中央とのパイプ」だけを売りにするような議員や首長は不用になってきます。むしろ、理念をキチンと持ち、地域に即した政策をつくって立案するそういう人が議員でも首長でも職員でも必要なのです。

 さて、マスコミ情報では、民主党系会派はなかなか独自候補擁立には前向きにはならず、「与野党共闘」も模索されているようです。しかし、くどいようですが、そもそも、自民党議員の「中央とのパイプ」はこれからは役立たない。

 また、議会においても、議会と首長は緊張関係にあるべきです。議会はむしろ野党的立場であれば良いのです。議員の支持を幅広く、というやり方はどうか、と思います。

 「みんなであたらしい広島県をつくる会」としては、民主党を軸とした「与党共闘」無所属ないし、それが出来ない場合は、民主党公認候補の擁立を後押ししたいと考えています。

 全国的な流れから言えば、政治経験が豊富な女性ないし、若手の擁立が今までの県政と差別化するためにもふさわしい。「年配・自民・(男性)」とは違いをはっきりさせた候補が全国的にも当選をしています。千葉市長選、奈良市長選、宝塚市長選が良い例です。

場合によっては、相乗り禁止を打ち出している民主党中央(小沢新幹事長)への直訴も検討します。

さらに、2011年4月予定の県議選でも、大量に、新しい候補者の擁立を後押ししてい期待と考えています。繰り返しになりますが、失礼ながら、中央とのパイプを売りにしている議員は必要性が低下します。在野で優秀な人材はいくらでもいます。ただ、どろどろした政治を敬遠しているだけなのです。あとは、立ち上がる人がいるかどうかの問題です。

 岡山でも島根でも、鳥取でも、山口でも市民派的な県議はおられます。広島で出せないはずはないのです。東京でも民主党で市民派的な人はたくさんいます。

 さて、目下マニフェストを策定中です。是非ご意見を頂きたい。

情報公開をやはりメインにし、大型公共事業の中止と、必要な分野への予算の振り替えを行なっていきたいとおもいます。貧困対策は目下急務です。また、農業政策では、北海道とか東北とは違い、多品種少量生産
で、農地も細切れな実態を踏まえた政策を打ち出したいと考えています。

 今は、次のステップへ向けて、あたらしいものをつくる上で邪魔になる古臭いものをぶっ壊すため、小沢一郎・民主党新幹事長の力をお借りする必要も出てくると考えています。それは、全国各地を見ても、現実にはそうならざるをえないのです。しかし、最初はそうであっても、やはり、地元で仲間を増やしていく必要があります。

中央とのパイプや調整力を売り物にする地方自治は過去のものです。きちんと地方をどうするかという理念を打ち出し、政策にしていける政治家を次々と送り出したいと考えています。あたらしい地方自治の確立のため、当会は粘り強く活動を続けていきたいとかんがえます。

 2009年9月13日(日)に、広島市中区紙屋町のHEART TO  HEART で、14時から「つくる会」の第3回会合を行ない、今後の方針を協議したいとおもいます。

 ぜひお気軽にご参加ください。


2009年9月13日(日)
会場:ひろしま市民活動ネットワーク『Heart to Heart』
所在地:〒730-0051 広島市中区大手町1-5-31(県民文化センター西隣ビル2F)


連絡先:
hiroseto@2.dion.ne.jp
jundandy@yahoo.co.jp

県政無惨 広島県知事引退で残された苦すぎる教訓-JanJanニュース
http://www.news.janjan.jp/government/0906/0906245734/1.php


広島ブログ
[PR]
by change-hiroshima | 2009-09-06 10:02 | イベント情報