あたらしい広島県にふさわしいリーダーと政策をうみだしましょう!チェンジひろしま!


by change-hiroshima

マニフェスト評価

内容に関する評価は基本的に行わない。形式的、表面的なところを中心に評価する。

かわもと康裕候補
・具体的な数値目標(金額、期間)を盛り込んでいて良い。ただし、知事の任期は4年であるにもかかわらず、4年超の目標設定が多いのが気になる。4年以下、できれば3年程度の設定が望ましい。保育所を例に取ると、3年30箇所にするべきだ。
・項目と説明の分量が適切。
・現状把握、特に財政については広報紙程度でもよいので盛り込んだほうがよいのでは。

全体として、行政・政治経験が全く無いにもかかわらず良く作りこんでいるという評価である。


しばさきみちこ候補
・ブラウザウインドウを広げないと読めない。なぜか横スクロールが出来ない。
・大まかな項目はこの程度でも良いかもしれないが、深みが無い。また、具体的な手段、数値目標が無い。したがって、検証不能である。
・扱う内容は高い(注:誰にとっても)が、中学生レベルである。

全体として、分量が少なく、検証が難しい。レベルは低い。当会のマニフェストのほうがまだレベルが高い。県議会議員を2年半やった経験・知識を疑う。


村上昭二候補
・.doc(Word)形式であることがいただけない。pdf変換は最低限するべきである。
・前半にこれまでの広島県政の総括を行い、後半にこれからの広島県政をこうすると書いた形式である。悪くは無いが、項目単位でやったほうがわかりやすいのではないか。
・いくつか具体的な例を出していてわかりやすい。ただ、数値目標が無いのが残念。
・国の仕事も混在している。
・文章がやや長く、テンポが悪い。

全体として、流れがあまりよくないが、日本共産党の調査・分析力の高さからすると今ひとつである。シミュレーション・推計を取り込んだものをマニフェストに盛り込むべきだ。さらに、簡潔に書き流すテクニックも欲しい。


ゆざき英彦候補
・全10ページのうち、前半5ページは理念、スローガンの文章、後半5ページは項目である。
・いくつか定義の説明が欲しい。「底力を引き出す」の底力はいったい何なのか?一つふたつでよいので具体例を出すべきだ。また、後半の各項目には短、中、長のアイコンがあるが、具体的にどのくらいの期間を想定しているのかの説明が無いのは致命的ミスである。
・後半はただやることを期間を示すアイコンをつけた上での箇条書きのみ。124項目は多すぎる。期間設定も均等か短期:中期:長期を4:4:2くらいに割り当てたほうが良いのでは。
・説明、注釈なしに専門用語を使っており、一般の県民を無視しているのではないか。
・マニフェストの各項目について説明が無い。
・「実現」をキーワードにしているが、具体的手法、手順が無い(わからない)。

全体として、評価は低い。しばさき候補よりかはマシだが、一般の県民が見えていない。項目を半分以下にして、その分説明や具体的な目標、手順を盛り込む必要がある。期間を示すアイコンを使うのは良いが、それならば定義を初めに書く必要がある。思いつきで項目を書き並べた感じもしないではない。元官僚で元経営者であるならば、もう少し作りこむことはできなかったのか。


河井あんり候補
・項目とねらいを簡潔に書いた形式でわかりやすい。項目と説明の分量も適切。
・具体的に何を行うか大まかには書いてある。ただし、100日改革と1人あたりの医療費削減目標以外は数値目標が無い。また、期間設定が無いものがほとんどである。
・別添資料というものが無い。紙の場合は添付するのかもしれないが、webの場合はリンク(URL)を張るべし。

全体として、従来の公約レベルに落ち着いている。100日改革は高く評価するが、それ以外は県議会議員を7年半やった知識・経験が生かされていない。読みやすさについてはそれなりの評価ではあるのだが、期間、金額、手順といった検証をするために必要な具体性は欠けている。そこのところを盛り込めば文句なし。
[PR]
by change-hiroshima | 2009-11-05 00:05 | マニフェスト・政策提言